自分でもできるdmのダイレクトなメール方法

dmとは顧客にカタログや広告を送ることをいいます。どのように送るのかは様々ですが、現在は郵便やメール便などポストに入れる方法と電子メールが主流になっています。このようにダイレクトにメールを送ることのメリットはたくさんあります。企業名やサービス内容を知ってもらう方法はdmの他にテレビCMなどがありますが、これは不特定多数に対してのアプローチになります。対してdmは、過去にその企業のサービスを利用したりカタログを請求した人に行われます。つまりdmは既にその企業に関心を持っている人たちが対象になるので、テレビCMよりも小規模ながら確実な効果が狙えます。またdmは顧客リストを管理することによって詳しい効果を可視化することができ、その後の経営戦略に役立てることができることが大きな利点です。

dmには様々なメリットがあります

dmの最大のメリットは送った企業のことを思い出してくれることです。人間は日々多くのことを忘れていきますので、買い物した店舗やオンラインショップのことなどすぐに忘れてしまいます。そこでdmで過去に利用した店を思い出し、そのときに購入しようか迷ったものなどをもう一回見てみようという気になり購買意欲や集客力につながります。またクーポンを付けることによりさらに利用を促す効果があります。このようにdmはダイレクトに顧客にアプローチすることにより確実な販促を行うことができます。メールにしても郵送にしても高い効果を狙いたいのならデザインや文面にこだわる必要があります。絶対に目に入る部分は限られていますので、その部分に購買意欲が高まるような一言やインパクトのある内容を入れましょう。この部分によって読んでくれるか読まずに捨てられるかが決まるといっても過言ではありません。

dmを使うときに知っておきたいこと

dmはデザイン、制作、送付を全て自分で行うこともできますが、最近ではこれらの作業を全て代行する会社があり大変便利です。もちろん全てではなく一部のみ依頼することも可能です。自分ひとりでできることには時間的にも技術的にも限りがありますので、このようなサービスを上手に利用してdmの制作や送付を行うことをおすすめします。様々な形態のdmの中で一番手軽に行うことができるのがメールです。手紙でのdmに対してのメリットは、印刷代がかからないことや送付の手間が少ないことなどですが何よりも速くダイレクトに送付できることが魅力的です。さらに「期間限定セール」などの文字をタイトルに入れることでメールを開いてもらえる確率は高まるでしょう。このようにどのような形態のdmにしても視覚情報がとても重要なので、dmを作る際は送られる立場になって考えてみることが非常に有効です。