Skip to content

エリアマーケティング

エリアマーケティングというと、企業によって色々な方法があるようですが、先ず行われるのが、そのあたりをどのような人が通るかという事から始まるようです。たまに見かけるかもしれませんが、椅子に座って何かをカウントしている人がいると思います。これもそのようなマーケティング面で必要な調査を行っているという話もあります。また、チェーン店などでは、近くの店などを比較して、此処ではどのような消費者が増えそうかという事であったり、何を特色にするとライバル店等が連なっていたりしても、食い込んでいけるかなどを色々調査しているというのが一般的なようです。より詳しく調べていると思いますし、これだけで了承が出るとは思いませんが、先ずは概要としては、市場調査が一般的だったりし、其処からより詳細に調べるんじゃないでしょうか。

生活習慣に根ざした販売戦略がエリアマーケティング

我が国は高度経済成長を体験してから長い年数が経ち、また、超高齢化社会にも入っているので、多くの家庭では身の回りの必需品が揃っていて買い替えしない限り購入意欲が起こらない程になっています。従って、メーカーや販売企業は様々な企業ブランドや製品ブランドを使い分けしながら激しい企業間競争の中で売り上げを増やす戦略を日夜練っているはずです。そこには消費者の目を向けさせるためどこの地域にも同じ商品パターンで陳列するような販売方法では売り上げを増やせる時代でないことは明らかです。地域を分割して一定エリア毎に曜日や時間帯別等で嗜好パターンなど売れ筋商品の分析評価をすることが不可欠です。そのためには地域で生活する人たちの人口構成や生活スタイルあるいは生活習慣などまで紐解くことが必要なのです。こうして地域住民の日常生活に密着したマーケティングを展開して品揃えをした出店構成を考えるエリアマーケティングが営業を継続できるか否かの分岐点になるということです。競合他社も同じような視点で販売戦略を練っているのです。

ビジネスを成功させるエリアマーケティングの重要性

狭い日本そんなに急いでも仕方がない、という意味のことをよく言われる日本ですが、その国土は南北に長く伸びており、北の北海道と南の沖縄とでは生活環境や風習は全く違っています。そこまで極端に離れていなくてもたとえば隣まちとでは食べる食材や調理方法が違うといったことはよくあることです。それだけ日本各地では違いがあり、その土地土地の名産や風習にあった独特の文化や考えかたがあるのです。今日においてはテレビやインターネットの進化から地方の特色がなくなりつつあるとも言われていましたが、逆にその違いがクローズアップされているぐらいなのです。そのため違う都道府県において創業した企業が他府県へと進出する場合には綿密なエリアマーケティングが欠かせません。それを怠ると進出が失敗に終わるばかりでなくて業績悪化の原因にもなりかねません。それほどエリアマーケティングが重要なのです。