どうしたらdmのダイレクトにメールが安く収まるかの解説

ダイレクトにメールという言葉では、昨今ではSNSやPC、携帯、スマホへのメールやメッセージというイメージですが、この場合はポストtoポストという意味です。送る側は郵便代と印刷代を使って手紙やはがきを送る事を指します。まず郵便代ですが、このように書くと郵便局を利用するイメージですが、運送会社でもdmを運営しているので、そちらを利用する方法があります。またdm専用業者になると、まとめて数万通の配送の場合、1通分の郵便代が安くなる会社もあります。送る数が多くなるほど郵便代がかかりますから、少しでも安ければ、それだけでも数十万円の節約に繋がります。そして郵便物は大きくなればなるほど高額になります、また大きいもの、色の鮮やかさ、紙の質によっても変わります。そしてデザインや送り先を調べる情報費がかかります。全て業者に丸投げすれば、非常に楽です。しかし高額になります。

他の広告に比べて集客が期待できるdm

広告費で高額な物の代表といえば、テレビCMです。やはり放映されている地域では誰もが目にする事ができるので、印象も強いです。それに比べればdmはインパクトが少ないですが、ピンポイントに効率的に宣伝することが可能です。ダイレクトに対象の家に送ることで、知ってほしい情報を一枚の紙に乗せる上に、クーポンなどを付けることで集客も期待できます。PCや携帯のメールのようにタイトルだけを見て削除されることも少ない上に、文字やイラスト、写真などを載せることで、視覚的にもわかりやすい広告にすることができます。新聞に入れる広告でも良いのではと思われますが、こちらは対象を地域以外は選べないですので、広く活用できるものである必要があります。また最近は新聞を読まないご家庭もあるので、対象者に届かない可能性もあります。

一目でわかるdmを作る必要性がある

どのような広告にも言えますが、見てもらえなければ意味が無いという点です。テレビCMは目にしますし、耳に入りますが、意識的に入れなければ意識下に残ることで終わります。PCメールはタイトルだけで削除され、新聞の広告はゴミをまとめるために使われる、ファックスは迷惑といわれれば拒否されますし、手紙は封筒を開けてもらわなければ意味が無いです。このような広告は、ほんの数パーセントの方を対象にするものですから、大きすぎる期待をするものではないですが、見てもらえなければ効果を発揮する以前の問題です。ターゲットを決めてダイレクトにアプローチするdmの最大のメリットは、嫌でも一度は目に入るという点です。もちろん受取拒否をされる可能性もありますが、それでも目に留まるという点ではテレビCMと同様の効果が期待できます。ですから一目で内容を認識できる広告を作る事が求められるのです。