オススメdmのダイレクトにメールを誰でも分かりやすく教えます

お客様に対して新製品の情報や店舗で行なうイベントやセールなどの招待をお知らせしたいという時、効果的に利用したい情報拡散の方法がdmです。これは新聞広告など不特定な多数の方の目に入るものではなく、以前に自社のサービスや商品を利用したことがある方など、顧客情報の中から知らせたい情報に興味を持ってくれそうな方に宛ててダイレクトに送る為、反応が返ってくる確率の高くなることが期待できる方法と言えます。また、定期的にカタログなどを送付することによって、一度きりではなく継続して自社のことを目にしてもらえる、つまり続けて利用してもらうチャンスを保つ為にも有効です。その情報を送付する媒体は幾つもあり、ハガキや封書での郵送、FAX、また近年はメールでの送付が数多く使われています。

dmそれぞれの送付方法でのメリットとは

では、dmを送る際に、どのような方法を選べば良いのでしょうか。ハガキ、封書、Fax、メールについて特徴をご紹介しますと、まず伝達の速度としてはFaxやメールが早くなります。特にメールは一斉に送信が出来るので短時間で送付が可能です。しかし、Faxはモノクロのみであるので読みやすくスッキリしたデザインが必要ですし、メールの場合は件名を工夫して開封してもらえるようにする必要があるでしょう。ハガキの場合は、デザインから印刷など時間はかかりますが裏側にそのまま情報が記載されているので目につきやすくなります。その代わり情報量は少なく選別が必要です。封書の場合、計画から印刷まで時間やコストはかかりますが、圧倒的に送付できる情報量が多く、デザインも自在な為、内容がダイレクトに伝わりやすいと言えるでしょう。

カタログを読むという楽しみも考えてデザインを

また、ダイレクトにお客様のところへ送付するのですから、商品やサービスをよく知ってもらう為に必要なことが、目をとめて中身を見てもらうことです。Faxやハガキでしたら開封という手間がなく目に入るので、インパクトのある見出しやデザインを使って読んでもらいましょう。メールでしたら、不審なものと間違えられないような、送信元が分かりやすい具体的な名前が入っていると開封してもらいやすくなります。そして封書の場合、載せられる情報量が非常に多くなるので、例えばカタログでしたら見ていて楽しくなるデザインにしましょう。素敵なカタログが届けば、すぐに購入には至らなくても、ついつい時間のある時に読みふける方もおられます。そうやって商品を知ってもらえれば、継続した利用に繋がるのです。このような特徴をよく知って、効果的にdmを利用してください。