修理アプリでどんなdmのダイレクトなメールがあるか

dmとはダイレクト・メールの頭文字を取ったもので、その名の通りダイレクト(直接)にメール(手紙)を送る広告行為のこと言います。多くは新商品の紹介やセールの案内などの情報を顧客の元へハガキや手紙、小包の形で送ります。企業によってはカタログやサンプル品などを送付するところもあり、形態は多種多様です。dmの特徴は、テレビや新聞などのメディアなどと違い、明確なターゲッティングを行うことが出来る点にあります。実際にある会社が行った調査によると、dmを受け取った人の7割はそれを元に何らかの行動を起こしたという結果が出ています。近年は広告の媒体にインターネットを用いる企業も多くなりましたが、dmもまだまだ有効な手段です。ここではdmについて紹介するとともにそのメリットを詳しくお伝えします。

ダイレクトなメールことdmの長所

ダイレクト・メールことdmには他の広告媒体にはない様々な長所があります。まずは情報量の多さです。テレビCMや雑誌の広告は時間やスペースが限られており、またウェブ上の広告は利用者の設定によって消されてしまうこともあります。その点、dmは郵便という形を取ることが出来るため、多くの情報を一度に伝えやすいのです。例として挙げられるのがカタログです。扱う商品によっては、dmに実物を同梱して送付することも出来ます。化粧品のサンプルなどが良い例です。実際に使用してもらう機会を作るというのは他の手段ではなかなか難しいことです。また、郵便物ならではのメリットとして、読んだ後も残るということが挙げられます。メールは一度読まれればそれで終わりということが多いですが、形のあるdmなら家族や友人など周囲にまで広がる可能性が高いのです。他にも決まった形がなく自由度が高いなど、多くのメリットが存在します。

dmことダイレクト・メールとアプリと連動させた新たな試み

最近ではより効率的な宣伝を行うために、アプリと連動させたdmも登場しています。例えば、年齢・性別・居住地などの顧客情報と、店舗やサービスの利用回数などの情報を照合させ、dmを作成・発信するサービスがあります。こうすることでより顧客のニーズに合致したパーソナルな宣伝広告が実現します。さらにdmに記載してあるバーコードを顧客が読み取るとそれが通知され、どれだけdmが読まれているのかを把握することも可能です。こうした一連の作業をすべてアプリで管理出来るため、企業にとっては非常に使い勝手が良くなっています。その他にも、dmで届けた情報をウェブサイトやアプリで補完的に紹介したり、逆にサイトやアプリを知ってもらうツールとしてdmを利用したりすることも出来ます。デジタル時代に敢えてダイレクト・メールを用いることで宣伝の相乗効果が期待出来るのです。