さいたま地域での会社設立で提出する書類

会社を立ち上げる時の流れと必要な書面

さいたま地域で会社設立するなら、指定の手続きを進める必要があります。設立の大まかな流れですが、設立総会などを行います。その際に会社の役員などを決定して、指定の書類を役所に提出する訳です。いわゆる申請手続きです。申請が完了すると、役所にて総覧や認証などの事務処理を行い、認証されれば会社を立ち上げられる状態になります。そして登記などの手続きを行い、届け出を済ませる訳です。上記のような流れになる以上、指定の書面も準備しなければなりません。例えば上述の設立総会に関する書面です。総会を開催した時には、議事録なども作成する必要があります。その書面も役所に提出する必要がありますし、その他にも別途で色々な書類が必要です。さいたまの場合は、10種類ぐらいの書面が必要な事もあります。

どのような書面を提出する事になるか

例えば定款です。そもそも事業を手がける場合、色々なルールも定めておく必要があります。社則なども決めておく必要はあり、それを書面にまとめておく訳です。また総会で役員を決めた時には、その名簿もさいたま地域の役所に提出しなければなりません。具体的にどの人物がどの役職に就いているかも、全て明記しておく必要があります。それと身分証です。役員の各人物に関する住民票などを揃えた上で、役所に提出しなければなりません。それと、計画に関する書面もあります。具体的にどのようなスケジュールで事業を進めていくかを、書面にしておく必要があります。会社の予算に関する書面も必要です。その他にも別途で色々な書面が必要ですが、有効期限は要注意です。上述の住民票などは、最近半年以内に発行されていなければ、無効扱いになってしまいます。

設立に関する専門業者も検討してみる

上記のような多数の書面を全て自分で準備するのは、少々手間がかかるという声も多いです。事務手続きも必要ですし、発行に時間がかかる事もあります。それだけに多くの方々は、専門会社に相談しています。いわゆる会社設立の専門業者に相談して、書類準備を代行してもらう訳です。面倒な手続きを代行してくれるメリットは大きいので、活用している方も少なくありません。ただ会社設立の代行サービスを検討すると、費用に関する懸念点が浮上する事もあります。お金がかかるなら、むしろ自分で書面を準備する方が良いという声もあります。しかし実際には、自力で書面を準備するよりは、かえって代行サービスの方が格安になる事もあります。手続きを代行してくれるメリットは大きいですし、前向きに検討している方も少なくありません。