さいたまで会社設立をする際にかかる費用について

まずどんな場所にすべきかを考える

住環境や東京都心等へのアクセスも良く、このさいたまに会社設立をしたいと考える人も少なくないのではないでしょうか。今では会社設立のハードルも低くなりつつあり、独立開業という夢をここさいたまで掴む人も多くいます。そんな時に気になる事は色々あるかと思いますが、設立の為の費用が気にならないという人はほぼいないでしょう。様々な点にお金がかかりますが、まずはどのエリアに会社を建てるかという土地の価格が気になる人も多いと思います。毎年細かな変動はありますが、市内においては浦和区や南区、大宮区といったエリアの時価が毎年高い水準で推移しています。地価が高いとはいえ、当然このエリアは交通アクセス等の面で優位にあり、そうしたメリットと価格を天秤にかけて慎重にエリア選びをする必要があります。

決められた費用類も頭に入れておこう

次に、どんな場合でもかかるお金、いわゆる法定費用等についても知っておきましょう。株式会社の設立の際には20万2千円もしくは24万2千円がかかります。この4万円の違いは収入印紙を貼って紙媒体で役所に提出するかどうかの違いで、電子定款を利用すれば4万円安くなります。合同会社の設立の際にも電子定款を利用するか否かで4万円の差があり、具体的な金額は10万円と6万円です。次に必要なのが資本金になります。これは会社法の改正により、1円でも可能になりました。その他、会社印鑑や謄本の作成等でおよそ1万円かかる事も頭に入れておきましょう。その他、細かい備品類もどれだけ必要になるかを精査して、思わぬ出費にならぬよう気を付けてください。

一人で無理せず専門家に依頼をしよう

そして、さいたまでの会社設立の際には税理士等のプロの手を借りる事が必要不可欠でしょう。単に煩雑な手続きをスピーディーに代行してくれるだけでなく、会社の今後の方針や節税対策等何でも相談出来る心強いパートナー関係を築くためです。会社設立自体は専門家無しでも出来ますが、会社の今後の事を考えるという意味では欠かせない費用と言えるでしょう。幸い、ここさいたまにはこの地での設立の事を知り尽くしたプロフェッショナルな事務所が多くあるので、そういった事務所が無いという事で困る事は無いはずです。後は自分に合った事務所を見つけられるかどうかで、それには様々な形での情報収集が欠かせません。料金面だけでなく、実際の評判や税以外の事も相談出来る幅広い知識を持つかどうか等、総合的に判断しましょう。