さいたまで会社設立する時の手続きの流れ

設立に関する計画を立てて総会を開催する

さいたま地域で会社設立するためには、公的機関にて手続きを進める必要があります。さいたま地域の役場で事務作業を行い、届け出を済ませる訳です。その具体的な流れですが、まずは事業に関する計画を立てます。というのも役所で届け出する際には、事業に関するスケジュールをまとめた書類を提出しなければなりません。提出書類に関する審査もありますし、あらかじめ計画を立てておく必要はあります。ちなみに役所では、設立に関する相談をする事も可能です。役所の指定窓口に行けば、会社立ち上げに関するサポートを受ける事もできます。また設立総会も開かなければなりません。役所に対しては、総会の議事録も提出する必要があるからです。誰がどのような役職を担うか、会議を行って決めておく必要があります。

会社の設立に関する書類を提出する

総会を開催した後は、会社立ち上げに関する書面を準備しなければなりません。上記でも少々触れた通り、会社を設立する時は書類を提出する必要があるからです。設立する時は、複数の書類を準備しておく必要があります。総会の議事録を提出する必要がありますし、事業に関する計画書も提出しなければなりません。また会社の役員が決まった時は、各自の身分証明も準備する必要があります。複数名の住民票を集めた上で、役所の窓口にて提出する訳です。状況によっては、多数の書類が求められる事もあります。10種類以上の書類が必要な事もあります。

役所での認証手続きから届け出までの流れ

さいたま地域の役所で書類を提出した後は、審査が行われる事になります。そもそも会社設立は、誰でも行える訳ではありません。事業に関する計画などを含めて、色々な確認作業を行う訳です。いわゆる認証と呼ばれる手続きを行い、会社設立できるかどうかの判断が下されます。何も問題なかった時は、「認証」になります。逆に、何か問題点があった時には「不認証」と判断される事もあります。予算が計画に関する問題点があると、不認証になる可能性もあります。認証された後は、登記と呼ばれる手続きが必要です。法務局にて登記を行った上で、改めてさいたま地域の役所に届出書を提出します。なお届け出には期限もあります。遅延になってしまいますと、届け出が完了しない可能性もありますから、注意が必要です。ちなみに審査結果が出るのは、おおむね2ヶ月ぐらい必要です。状況によっては、2ヶ月以上かかる可能性もあります。