ある街は高齢者の街と言われています。高齢者がよく訪れる観音様があるからだそうです。確かに通りには多くの高齢者が見られ、若者はその周辺で働いている人等のみです。もしこういったところでコンビニエンスストアを出店するとしたらどのようにすればよいかです。当然高齢者が利用しやすいように考えることになるでしょう。一方であるところでは若者が溢れる街になっています。飲食店や洋服店などに訪れる人が多く、若者ばかりが街にあふれています。こちらにカフェをオープンするときにどういったメニューにすれば良いかを考えることがあります。エリアマーケティングにおいて、高齢者の街、若者の街がわかったのであれば、それに応じた戦略が取られることになります。少子高齢化の影響で、高齢者の街が増えていくと思われます。どういったお店が受け入れられるかです。

エリアマーケティングで高齢者と若者

エリアマーケティングではより細分化を図る

住所を見ると、なになに県、なになに市、なになに町、何丁目、何番何号とあります。何号に関してはそれほど多くの家が属することはないと思いますが、何番地ぐらいになるとちょっとした区画になると思います。マンション等であれば、何号の下に号室などがついてくるのでしょう。一戸建てに住んでいる人とマンションに住んでいる人とで違いが出てくることがあると思います。エリアマーケティングでは、いかに細分化を図ることができるかがあります。カップ麺のだしなどで、関西風と関東風に分けることがあるようです。通常は地域で関西圏には関西風を販売するようにしていました。でもあるマンションは他府県から来る人が多いことがわかり、そちらには関東風のほうが好まれることがわかりました。無理やり売りつけても売ることはできません。その地域で何が求められているかです。

エリアマーケティングで広告を行う

会社によっては、広告活動を行うことがあります。目立つものとしてはテレビ広告がありますが、費用はかなりかかります。全国的に流すこともあれば、地域を限定することもあります。それによっても費用は異なるようです。新聞においても、全国紙、地方紙によって差が出てくることになります。折込チラシでも、行い方が大事になるでしょう。エリアマーケティングを行うことで、広告費用をコントロールすることがあります。影響力がないところに広告をいくらうってもあまり効果を得ることができません。逆に、広告を打たないために効果がなかったものの、広告を打つことによってそこがエリアだったことがわかることがあります。一度行えば良いのではなく、定期的に調査をすることで、最適な広告戦略を取ることができます。広告をうった効果で調べることができることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*