都道府県や市区町村において、人口が知らされることがあります。毎年のように変動していることがあると思います。それを見て、だんだん増えている、だんだん減っているなどがわかると思います。この時における人口に関しては、住民票登録をしている人になるでしょう。出店をする時などにこれだけを見て行うのが適しているかです。エリアマーケティングにおいて、人口を見ることは必要なことです。しかし、単純に住民票に登録されている人口のみを考えるのは問題になるでしょう。そこで見たい情報としては、昼間人口と呼ばれるものがあります。会社であったり、学校などがある場合においては、これらの町の人口が増えることになります。飲食店などにおいて、昼間の営業を行うのであれば、昼間人口を無視することはできません。増えることもあれば減ることもあるのです。

エリアマーケティングにおける昼間人口

エリアマーケティングで使う人口増減率

現在、あるところに人口が100人います。もう一方では50人です。これだけを見れば100人の方が多いです。お店などを出せば多くの人が来てくれそうです。しかし、ある情報を足すと、そうでもなくなることがあります。それは人口増減率です。前年に比べてどれくらい増減したかがわかる数字になっています。データなどでも見ることができます。100人の方では前年比マイナス10パーセントで、50人の方はプラスの20パーセントだそうです。単純にこの傾向が続けば、数年後には逆転してしまうことになります。エリアマーケティングを考える上で、人口の増減率を見ることがあります。傾向がどうなっているかが大事になるでしょう。毎年のように少しずつ減少しているところには出店しにくいです。急激に増加しているようなところであれば、今の人口は少なくても将来性があります。

エリアマーケティングで商業統計を利用する

自分の住んでいるところの近くにコンビニエンスストアはどれくらいあるでしょうか。100メートル位内、500メートル以内などで考えてみます。その他、病院であったり、飲食店についてもどれくらいあるかを考えます。生活に必要な店がどれくらいあるかがわかれば、その地域の住みやすさを知ることができます。お店が飽和しているか、足りないかもわかります。エリアマーケティングを行うときに、商業統計を使うことがあります。業種別、事業所数であったり、従業員数などの統計を表したものになります。その地域において、どういった種類の店舗があるかなども知ることができますから、必要でありながら足りていない、必要以上に出店されているなどがわかります。足りていなければ出店して成功できる可能性があります。現在過剰気味のところに出店しているなら撤退をすることも考慮にいれることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*