Skip to content

エリアマーケティングに欠かせない地域性の把握

エリアマーケティングを行うためには、地域性を把握することが大変重要になります。例えば、そばの販売をすると仮定します。東日本の多くの地域では、そばの汁は濃いものを使いますが、西日本では逆に薄いものを使います。もし、東京でそば屋をやっている企業が大阪へ出店して、東京の人向けのそばをそのまま出した場合は、汁が黒くて口に合わないという人がたくさん出て、売り上げは芳しくないものになるでしょう。そのため、大阪の店ではうす口しょうゆを使い、関西人の味覚に合った薄い汁を作ってそばを出すと、顧客に違和感を与えることがなく売り上げを上げていくことが出来ます。このように、全国画一の売り方をするのではなく、地域の文化や風習などの特性を分析し、それを商品に反映して店舗ごとに異なる販売方法をしていくことがエリアマーケティングで成功させるポイントになります。

エリアマーケティングに欠かせない地域性の把握

ビジネスで成功させるならエリアマーケティング

ビジネスで成功させたいならエりアマーケティングがおすすめです。地域の差異を特徴としてその地域に適応できる商品を促進していく事業のことです。特徴としては都市部に生活している方と、郊外で生活している方の違いがあると思います。それから年齢層によってもかなりの違いがあり、その地域、特徴に合わせた商品はそれぞれ違いがあると思います。それらのデータを細分化してお客様のニーズにあったものにするのときの一番大切なところがこのエリアマーケティングになるといえるでしょう。その土地の風土や価値観など地域によって若干の違いがあるのでそういったことを理解するためにも一番おすすめだと思います。このマーケティングをすることにより、より細かなところまで要望にこたえることができるとおもうのです。そういったことから考えてもビジネスをする上で大切なことです。

エリアマーケティングは必要不可欠です

店舗の新規出店を検討する場合に、何より重要な課題となる大きな要素といいますと、これはやはり「集客」の一言に尽きるのではないかと思います。商売の基本は利益を上げるということが目的な訳ですので、いくら良質なサービスや商品力があったとしても、それは宝の持ち腐れであり、お客様が来なければ全くお話にもなりませんから、新規立ち上げにかかるコストから、軌道に乗るまでの予測といったものを、どれだけ早い段階でペイし利益にかえる事ができるかという、大前提をより良い形で実現するにあたりまして、出店候補となる地域の周辺の住民の年齢層や家族構成、人の流れる時間帯や規模などのチェック項目を、ある程度の期間の間細かにリサーチし、データベース化するという、エリアマーケティングが必要不可欠な、成功するための要素であるかと思われます。