dmのダイレクトにメールする成功例や失敗例

数あるdmの中から手に取ってもらうdmとはどんなものなのでしょうか。dmというダイレクトにメールすることの成功例と失敗例を挙げてみたいと思います。例えば、商品を購入したことのある顧客に送る場合は、購入履歴から一人ひとりの好みにあったお勧めの商品を紹介し、その関連するラインナップ商品の一覧を一緒に載せるのはとても有効です。興味のある情報を掲載することで購買意欲も湧きやすいのです。逆に良くない例としては、定期的に送ることが多いdmですが、毎回同じレイアウトだと、何度も受け取ったことのある顧客にはまたかという印象を与えてしまい、開封せずに破棄されてしまう危険性があります。アイデアを凝らして色使いやレイアウトを工夫することが大事です。また、売り込みが強すぎると重く感じてしますので、軽い気持ちで開封できる呼び込みがいいでしょう。

ターゲットを絞ってピンポイントに送る重要性

dmとはその名の通りダイレクトに送るメールのことです。ターゲットを絞れば情報を欲している顧客にダイレクトに必要な情報を届けることができるということです。大量のdmをただやみくもに送っても開封されずにゴミ箱行きになってしまうでしょう。どんなに良いdmを作成しても、送り先を間違えてしまうと、読んでももらえないという残念な結果になってしまうのです。送り先のリストを精査してターゲットを絞るということはとても重要です。ピンポイントに絞ることができれば、高い確率で反応が返ってくるでしょう。また、既存の顧客は重要なリピーターになる可能性があります。そういった顧客を逃さないためには、dmを継続的に送るということも大切なアプローチになります。Webサイトへの誘導する場合は、dmから訪れたことを判別できる計測タグをQRコードに付け加えておけば、顧客の動向を集計する上でもとても有効です。

多くのdmの中から手に取り、いかに開封したいと思われるか

dmというダイレクトに送るメールの場合、対面接客と違い、一度目を通したとしてもとりあえず置いておこうとなったまま、放置されるか破棄されてしまう可能性があります。そうならないためにも、興味を持った顧客の心を一気に掴むためのもう一押しが大事になってきます。まず、最初に見た時に購入意欲が湧くようなインパクトが大切です。封筒で送る場合は、中身を読むメリットがわからないと開封意欲につながりません。封筒へはシンプルでわかりやすいキャッチコピーと、他とは違うデザイン性のある形状にするととても印象に残ります。また、元来人はサービスやおまけに弱いものです。特別感を印象付けるためには、届いたdmを持参することで来店した場合の限定サービスを付けたり、サンプルを同封して、実際に試してもらうのもいいでしょう。